コンテンツ

モチベーションを上げる4つの方法とは!?【人生成功マインドセット】

モチベーションを上げる4つの方法

①ゴールを明確にする

②環境

③効率

④ダラダラやらない

 

僕たち人間は基本的に、

何かを自主的に行なっていない。

 

僕は前の記事で、

あなたにそんな話をした。

 

基本的に僕もあなたも、

何かに反応させられている。

 

そして、せっかくやる気になっていた、

あなたのやる気はガクンっと下がってしまう。

 

では一体、あなたは何に、

反応させられているのかと言うと、

以下の4つだ。

 

1、『メール』や『LINE』

2、『電話』

3、『人間』

4、『思考』

 

この4つが、あなたのやる気を下げ、

意欲を大幅に下げ、

モチベーションをガクンと下げる、

敵であり、悪であり、原因なのだ。

 

そして今回は、

それらを解決する方法を、

あなたに話していきたい。

 

では、ここからは。

 

あなたの4つの反応させられるものを排除して、

あなたのモチベーション、行動力、

そして意欲を下げないで、

 

そして、

あなたが目標達成に向かって

一気に突っ走っていく為の

アイディアととっておきの方法、

その解決策を話していく。

 

1つ目:ゴールを明確にする

あなた自身が本来持っている、

爆発的なやる気とみなぎるエナジーを

全て使うためにはまず、

 

あなたの目標、

ゴールをはっきり明確に決める事だ。

 

ここで一つ、断言する。

 

ゴールがはっきりしていない、

と、言うことは、続かない。

 

例えば。

 

なんとなく筋トレをする。

 

それだと、続かない。

 

しかし、筋トレをすることによって、

脳に良い、血流が良くなり若返る、

肌が綺麗になる、髪の毛が生えてくる、

そして仕事のパフォーマンスも上がる。

 

この様に、

何のためにそれをやるのか?

 

つまり、

あなたのゴールが決まっているから、

基本的に人は何かを続けられる。

 

しかし。

 

多くの人は、

なんとな〜くやる。

 

「あぁ〜筋トレ良さそうだなぁ、

それじゃ、やってみよう。」

 

続かない。

 

こんな具合だと、

僕だって続けられないし、

どんな人だって、できない。

 

まず先に、

必ずゴールを決める事が大切だ。

 

例えば。

 

『スマホはこの時間にしかやらない』

そうゴール、目標、ルールを決める。

 

しかし、なんとなく友達に電話した。

 

それでは、

あなたの感情が揺さぶられてダメだ。

 

だから例えば、

12時〜13時の間だけは、

電話を受け付けると決める。

 

それ以外は、留守番電話にする。

 

そういう風に、あなたがゴールを決めておくと

あなたは感情を揺さぶられる事が無くなって、

目標達成に向かって一直線に進んでいく事ができる。

 

いいだろか?

 

まずは、ゴールを決める。

 

何の為に、このゴールに向かっているのか、

これをはっきり、明確にさせる必要がある。

 

これが1つ目の解決策だ。

 

何が良いかと言うと、

ゴールを決めることによって、

無駄な部分がカットできる事だ。

 

『友達の電話はこの時間にしか受け付けない』

『あとは留守番電話にする』

 

こうやって決めておけば、

無駄な部分が排除できる。

 

そして、あなたは毎日を、

高い集中力とモチベーションを持って、

自分の目標に向かって走って行く事が出来る。

 

2つ目:環境

2つ目の解決策は、『環境』だ。

 

例えば。

 

あなたが、もしも他の人よりも

100倍の集中力があったとしよう。

 

周りの人間よりあなたは、

100倍のモチベーションがあったとしよう。

 

そして。

 

あなたには向かうべき、

明確なゴールがあったとしよう。

 

しかしだ。

 

あなたの隣で、

何か道路の工事で『ガガガァ!!』

と、いう様な音がして、

 

来る日も来る日も、

ダンプカーが砂利を『ガラガラ』落として。

 

更に。

 

あなたのお隣さんは、

無類の愛犬家で、犬を10匹くらい飼っていて、

四六時中わんちゃんが『ワンワン』と吠えて。

 

そして2階の家では、

昼も夜も夫婦喧嘩が始まって、

あーでもない、こーでもないと言い争い、

 

『パリーンっ!』と、

グラスか何かが割れる音が、

1階のあなたの部屋まで聞こえてくる。

 

…それじゃ。

 

いくらなんでも、集中できない。

 

どうしても、

反応させられてしまう。

 

あなたが机に向かって集中していたとしても、

つい、2階の方に聞き耳を立ててしまったりとか、

『ガラガラ』の度にあなたの集中が

プツりと切れてしまう。

 

何よりいけないことは、

あなたの感情が揺さぶられてしまう。

 

なので、まずは、

環境を整える事が大事だ。

 

このブログで今後、

どの様にして環境を整えていけば良いのか、

そんな内容も話していくが、

 

まずは、

『反応させられない環境を作る』

これが非常に重要になってくる。

 

そして、これは多少無理してでも、

しっかりしておいた方が良い。

 

例えばあなたが、

何かの資格の勉強をしていたとして。

 

この時間だけは、

静かな図書館でテキストを持って、

勉強に集中する。

 

この様に、

自分で環境を作る必要がある。

 

ここは、お金をかけて良い部分だ。

 

お金をかけていい部分と、

お金をかけてはいけない部分があるのだが、

ここはお金をかけて良い部分だ。

 

『あなたが反応させられない環境』

を作る必要がある。

 

これが2つ目のアイディアだ。

 

3つ目:効率

3つ目は『効率』だ。

 

ここで、ちょっと話はそれるが、

この類の話はどうしても、

スルーしてしまう人が多い。

 

とても残念だ。

 

しかしながら、こういう風な

『マインドセット』だったり、

些細な部分が非常に重要なのだ。

 

こう言う考え方、思考が後々、

あなたの全てに繋がってくる。

 

そして、例えあなたに、

どんなに能力があっても、

犬がワンワン吠えている場所だとで出来ない。

 

なので、必ず集中して読んでもらいたい。

 

3つ目のアイディアは『効率』だ。

 

効率が良い、

効率が悪い。

 

よく、そういう風に言うと思う。

 

その効率だ。

 

例えば、

パソコンのマウスの速度が遅いだとか。

 

『グッと』手を前に出しているのに、

なかなか、カーソルが前に進まないだとか。

 

PCキーボードが、

ものすごく打ちにくい。

 

高い段にあって、

打ちにくい、だとか。

 

パソコンのネット環境が悪くて、

繋がりが悪くて、いつまでも『くるくる』

待機状態になってしまっているだとか。

 

とにかく効率が良い物を選ぶ、

さっきの環境にも近いものがあるんだが。

 

例えば、

あなたが今座っている椅子が、

『グラグラ』していたら、

それはもう環境的にダメ。

 

とにかくあなたにとって、

効率が良くなる様にする物を、

しっかり選んでいく必要がある。

 

これは、僕の知り合いの話なのだが、

その友人は仕事でパソコンを良く使う。

 

もちろん、

タイピングする速度が早い方が良い。

 

キーボードって、

高さがあると思う。

 

僕の知人は自分にとって、

打ちやすい高さのキーボードを

電気屋さんに行って探してきて、

それを導入している。

 

本当に、環境や効率によって、

ものすごく結果が変わってくる。

 

例えば、

あなたのパソコンの前に

キーボードがあるとして。

 

このキーボードの高さが、

0,1mm高かっただけで、

1秒間に5文字打てるものが、

1文字しか打てなかったりするものだ。

 

良く考えてみると、これからの将来、

1週間、1ヶ月、1年間、10年単位で考えると、

どれだけの差が生まれるか、と言う事だ。

 

僕は良く、

こんな相談をされる事がある。

 

「私はメールを書くのが遅いんですけど、

どうすれば早く打てる様になりますか?」

 

「文章を書くスピードが遅いんですけど、

どうすれば良いでしょうか?」

 

こんな相談を受けたりするが、

スキルの話の前に。

 

それよか、まず先に。

 

もしかしたら、

あなたの効率を悪くしている何かがある、

何かの悪い環境がある可能性が高い。

 

そして、環境と効率に関しては、

お金をかける、投資する価値がある部分だ。

 

いいだろうか?

 

環境と効率には、

お金をかける価値がある。

 

これが3つ目だ。

 

ここまでで、

僕はあなたに3つ話した。

 

まずは『ゴールを決める事』

何のために向かっているのか。

 

そして、『効率を良くする事』

効率が良いものを選ぶ事。

 

それに、『環境を整える事』

いい環境を整える事。

 

高い集中力が保てる、

あなただけの環境を整える事。

 

4つ目:ダラダラやらない

4つ目は、

ダラダラしない。

 

決めたら、決めた時間に、実行する。

 

もしもあなたが、

「よ〜し、1分でやるぞ!!」

と、決めたのなら1分でやる。

 

5分でやると決めたら、5分でやる。

 

つまり、

決めた時間に決めた事をやる。

 

これが、

『ダラダラやらない』の意味だ。

 

僕は基本的に、

『50分スパン』で物事に着手している。

 

50分以上はやらない。

 

僕は何をやるにも、50分だ。

 

仕事にしても、このブログを書いていても、

趣味の中国語を勉強していても、

読書をしていても、誰かと話していても、

基本的に僕は、50分以上はやらない。

 

なぜかと言うと、

人間の基本的な集中力が50分だからだ。

 

それ以上やると、

自分では調子がいい様に見えても、

50分を超えた時点から実は、

だんだんクオリティは下がっている。

 

意地で続けたとしても、結局、

やり直しになってしまったりだとか、

勉強なら、また無駄な復習を、

しなければいけない羽目になってしまう。

 

なので僕は基本的に、

50分で区切る。

 

そして、

10分の休憩を入れる。

 

では、どの様にして、

その50分と10分を区切っているのかと言うと、

『タイマー』を使っている。

 

100円ショップでも売っているし、

スマホにもタイマー機能は搭載してあるし、

キッチンタイマーとかもあるだろう。

 

そのタイマーで50分をセットして、

50分間はとにかく集中する。

 

50分間だけは、

とにかく何も受け付けない。

 

着手している事だけに集中して、

『ピピピッ』って鳴ったら、

どんな状況でも一度中断して、

そして10分間の休憩をする。

 

僕の場合だったら、

例えばペットと遊んだりとか。

 

うちには、

ゴールデンレトリバーがいるのだが、

犬と遊んだりとか、水を飲んだりとか、

あとは、昼寝をしたりとか。

 

自分にとって、

『リラックスできる時間』

を、必ず作る様にしている。

 

とにかく言いたいのは、

『50分で区切る。』

 

そして、

『10分の休憩を入れる。』

 

これを、あなたにも実行してほしい。

 

これはもちろん、

集中力の問題もあるんだが、

 

結局これが、

もっとも効率が上がる事を、

僕自身も実感している。

 

僕もタイマーをセットする習慣を

生活の中に取り入れてから、

本当に集中力が上がった。

 

こういった事を、

取り入れれば取り入れて行く程、

自分の成長や進化に繋がっていく。

 

環境を整える事もそうだし、

効率を上げる事もそうだ。

 

50分タイマーもそうなんだが、

今まで話した中でも、

この50分で区切りをつけると言うのが

もっとも大事な事だと、僕は肌で実感している。

 

ただし、1つだけ注意点がある。

 

もしあなたが、

このタイマー制度を

生活に取り入れるなら。

 

タイマーは、

自分の見えない場所に置いてほしい。

 

例えば、パソコンで何かをやっているとしたら、

パソコンの裏側とかにタイマーを置いて欲しい。

 

「今、何分だろう?」

とか

「あと何分だろう?」

 

なんて、

タイマーをキョロキョロ見ていたら、

またそこで集中力が切れてしまう。

 

大事なのはタイマーを信用する、

50分間を信用をして、

 

「これが鳴るまでは、

俺はそれ以外の事はしないぞ」

 

と、決める事が大事だ。

 

これが、4つ目のアイディアだ。

 

ぜひ、あなたのライフスタイルにも、

この4つの解決策、アイディアを

取り入れて欲しい。

 

そして、あなた自身の成長を、

あなた自身が、肌で実感して欲しい。

 

きっとあなたの目標が、

立てるものから、達成するものに変わる。

 

その喜びを、達成感を、

ぜひ、あなたにも味わってもらいたい。

 

僕は、そう願っている。

 

今回も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

『ブックマーク』を、

忘れずにして下さいね♪

 

人生相談所 所長

筧樹

 

ぜひ、このブログを、

『SNS』でシェアして下さい♪