コンテンツ

働きたくない、人間関係やだ、人生自由になりたい【人生成功マインドセット】

もういい加減

働くことに疲れた。

 

職場の人間関係も複雑で

雰囲気がネチネチしてやがる。

 

本当は参加したくない飲み会に

上司や部下との約束や仕事。

 

やらなければいけない

お客とのアポイント。

 

もっと自由になりたい…

 

自分は自由な人生を送っていない

と、感じている。

 

そんな、あなたにこそ

今回の話を聞いてほしい。

 

自分が思ってる以上に自由だ

まず最初

あなたにこう言いたい。

 

自分が思っている以上に

自分の人生は自由なものだ。

 

しかし、社会に出ると。

 

あなたの自由を奪おうと

たくらむ強奪者が非常に多い。

 

多くの人たちは

僕たちを強要してくる。

 

そして、強制してくる。

 

もちろん昔だと、武力だとか

暴力に訴えかけてくるやり方も

たくさんあったと思う。

 

だけどそれは

現代のやり方ではない。

 

きっとあなたも無意識のうちに

感じさせられているであろう

『罪悪感』だったり『義務感』

 

いろんな感情で周りの人たちは

あなたにこう訴えかけてくる。

 

(お前はこれをやらなければいけない)

 

例えば、会社での飲み会。

 

もしもその時

あなたがみんなの前で

 

「今回は不参加です!」

 

と、声を張ろうもんなら

空気が読めない奴だとか

人間関係にヒビが入ってしまう。

 

目には見えない不穏な空気が

あなたを動かそうとする。

 

しかし。

 

本来の僕たちはどうだろうか?

 

どんな姿、生き様が

健全だと言えるのだろうか。

 

周りの人間の言いなりになる

操り人形が僕たちの本来の姿ではない。

 

僕たちの本来の生き方とは何か。

 

それは、自分の心の声と

真剣に向き合って

 

『自分はどんな人生を送りたいのか』

『自分にはどんな夢があるのか』

 

自分の目標や夢を決めて

それを実際に行動に移す。

 

これこそが

僕たち人間の本来の姿だ。

 

例えば…

 

あなたのやりたかった

勉強や仕事、趣味の時間。

 

あなたにとっての大切な時間が

下らない飲み会や付き合いなんかに

時間を奪われてはいけない。

 

あなたは何のために生きているのか

この地球に生まれてきて

何のために生活しているのか。

 

生きている理由。

 

よく、こんなことを言う人がいる。

 

「僕が生きている理由って、

一体、何でしょうか?」

 

それはあなたが自分で

勝手に決めていいものだ。

 

そしてあなた自身で

決めなければいけないものだ。

 

あなたの周りの人間たちはきっと

あなたのことをあの手こと手を使って

何かを強要してきたり強制してくる。

 

だけど、それを断る権利は

既にあなたは持っている。

 

「でも、誘いを断ると人間関係が原因で

仕事がなくなるかもしれないですよ…。」

 

もしかしたら今あなたは

そんな不安を覚えたかもしれない。

 

これについては今回

詳しく話していくので

ここではひとまず安心してほしい。

 

自分をもっと大切に扱え

最近は自分自身のことを

大切に扱っていない人が

多いのではないだろうか。

 

食べ物にしても

生活習慣にしても

仕事にしても。

 

あまりにも自分自身を

大切にしていないから

生きる気力、体力

総合的なチカラが衰えている。

 

例えば、風邪を引きやすくなったり

健康を害したり、疲れ果てたり

心がうつになったりしている。

 

そんな状態になったところで

夢を叶えたり目標を達成したり

ましてや誰かのために

生きたりすることはできない。

 

くたくたに体が疲れて

心はどんどんすり減っていく。

 

そんな状態で家族を守ったり

子供を育てたり、愛する人を笑顔にしたり

することは本当の意味で出来ない。

 

だから、あなたには異常なくらい

自分を大切にしてほしい。

 

これはいろんな形がある。

 

でもまずは、僕たちは

自分の体の中に生きている。

 

つまり、まず先に

自分の体を大切にする

ことは一番大切なことだ。

 

例えば、コンビニやスーパーに行くと

あなたも1円でも安い食べ物を

買おうとしていないだろうか。

 

あるいは、体に悪いと知りながら

カップラーメンなどの食品を

カゴの中に入れていないだろうか。

 

それは大きな間違いだと思う。

 

一番安い食べ物、一番質の悪い食べ物

一番農薬がかかっている食べ物。

 

全く健康を考えていない

それらの食べ物を買って

自分の口の中に放り込んで。

 

それで、あなたは質の高い人生を

実現しようとしているのだろうか。

 

僕は別に。

 

高い高価な食材を買え

とは言わない。

 

体にとって良いものを取り入れて欲しい

と言っているだけだ。

 

例えば、納豆だったり果物だったり

飲み物は砂糖や人工甘味料が

入っていない水を飲むだとか。

 

普段の生活に

運動を取り入れてみるだとか。

 

もしかしたら今のあなたは

 

「忙しい、忙しい…」

 

と、ありとあらゆる人のために

自分の時間を使っているかもしれない。

 

お客様のために時間を使って

上司や部下、友達のために時間を使って

奥さんや旦那さん、子供に時間を使って

自分自身のために時間は取れない。

 

こんな生活は

いち早く終わりにして欲しい。

 

まずは自分の健康のベース

を作らないといけない。

 

病気になってからでは遅い。

 

健康ではなくなってしまったら

愛する家族と一緒に過ごす時間も

結局はなくなってしまう。

 

これは健康に限った話じゃない。

 

あなたの時間の使い方

にも言えることだ。

 

時間を大切にする習慣

を身につけて欲しい。

 

そのためには、あなたに

『自分の時間は異常なくらい価値がある』

と、考えるようにして欲しい。

 

すると、周りの人たちも

あなたの時間に価値がある

と、自然に思い始める。

 

だから今、あなたは

自分のスケジュール帳を見て

この約束は自分の人生の中に

本当にあって欲しい予定なのか?

 

しっかり考えてほしい。

 

もし大切でない予定なら、

それをキャンセルするくらいの勇気

を持ったらあなたは大物になれる。

 

本当にあなたの時間、1分1秒

今この瞬間こそが、あなたの人生だ。

 

時間を大切にすることはつまり

人生そのものを大切にすることだ。

 

ベンジャミン・フランクリン

はこう言った。

 

『あなたは自分の人生を愛しているか。

愛しているなら時間を浪費してはいけない。

人生は時間によってできている。』

 

まさにベンジャミンの言う通りだ。

 

僕たちの人生は今

この瞬間の時間によってできている。

 

つまり、人生を大事にしようと思ったら

今この時間を大事にしなければならない。

 

違うだろうか。

 

ダメな原因はいつも自分なのか?

あなたには自分の仕事も

大切にして欲しい。

 

あなたの自分の仕事、

あなたが本当にやりたい仕事

あなたが世の中に送り出したいもの

そういうものが必ず何かあるはずだ。

 

しかし、みんなそれに

時間を取らない。

 

では一体、みんな何に

時間を取っているのか。

 

想像してみれば簡単だ。

 

他人が要求している

仕事やプロジェクトのために

自分の大切な時間を割いている。

 

そういった人が非常に多い。

 

多分あなたは何かの目標を立て

自分なりに計画を立てたことがあるだろう。

 

しかし…

 

1週間後、1ヶ月後、1年後。

 

過去の自分を振り返ってみると

何一つ達成できていない。

 

だけど、そりゃそうだ。

 

時間を自分のために使わないで

人のために使って来たんだから

他人の目標が達成されることがあっても

自分の目標が達成されることはない。

 

「何でいつも俺はこうなんだ。」

「やっぱり私ってダメ人間だわ。」

 

自分のアイデンティティまで

否定し始める人がいる。

 

こんな状態から抜け出すために

あなたが大事だと思っているプロジェクト

自分が本当にやりたかった夢や目標。

 

それをあなたの

優先順位のトップに持ってきて

そのために時間を存分に取る。

 

先にも言った通り

『自分自身を異常なくらい大切にする』

これに繋がってくる。

 

仕事の話だけじゃない

勉強にだって言えることだ。

 

あなたは自分の勉強のための時間を

毎日どれくらい取っているだろうか。

 

そして、どのくらいの金額を

それに投資しているだろうか。

 

一番良い先生から学ぶ

最高の環境に身を置く。

 

そういう資格あるいは権利は

自分には当然ある。

 

そういう風に思っていいのだ。

 

自分自身に勉強という

最高のご馳走を与えていいのだ。

 

人生をより豊かにしようと思ったら

勉強は必ず必要だ。

 

なぜなら

この時代の変化は本当に早い。

 

例えば、ゲームの話。

 

僕が子供の頃は

ゲームボーイやゲームボーイアドバンス

任天堂DSを使って遊んでいた。

 

しかし今はスマホが誕生して

ゲームができる時代になった。

 

それに人工知能が出てきて

単純作業の仕事がなくなる

と言われている。

 

今の小学生は

パソコンのタイピングを学び

学校でプログラミングを学んでいる。

 

時代はあなたの置き去りにして

どんどん変わっていってしまう。

 

それなのに

どうして勉強が必要ない

と言えるだろうか。

 

昔の経験や知識だけに頼っていては

時代や周りの人間に置いてかれてしまう。

 

だから自分を大切にして

自分に良い教育のご褒美を

あげてもいいのではないだろうか。

 

人間関係で人生が変わっていく

人間関係で悩んでいる人は多い。

 

ここであなたに

一つ聞きたい。

 

あなたが接している人は

本当にあなたが付き合いたい

と思って接しているか??

 

義務感があるから接しているのか?

 

あるいはその人から

何らかの精神的なプレッシャーを

かけられて接しているのか。

 

ちょっと考えてみて欲しい。

 

自分自身を大切にしていない人は

何をするのかというと、毎晩毎晩

自分からしてみればどうでもいい人と

居酒屋でお酒を飲んだりする。

 

つまり、自分の人生を浪費している。

 

このような人たちは

夜の繁華街に出かけてみれば

いっぱいいる。

 

あなたはこんな人に

なってはいけない。

 

あなたは本当に

この人と接する価値がある

と思える人と付き合うべきだ。

 

自分はこの人に対して

何をしてあげられるのだろうか

と考えられる。

 

そしてその人からも

何かをもらうこともある。

 

これが健全な人間関係だ。

 

この人には価値がある

この人は自分のことを

大事に思ってくれている。

 

だから一緒に時間を過ごしたい。

 

この人と一緒にいると楽しい。

 

例えば、自分にとって

最高の親友であるとか

かけがえのない家族であるとか。

 

仕事にしてもそうだ。

 

自分は本当に

このお客さんが好きだ。

 

そう思える人と接しないと本当の成功

本当の意味での人生ではない。

 

なぜなら人間には

ミラーニューロンがある。

 

簡単にいうと

あなたの周りに社長ばっかりいれば

あなたも社長のような人間になる。

 

ダンサーに囲まれている生活を

あなたがしていれば

あなたも舞台で踊るダンサー

のような人間になっていく。

 

これがミラーニューロンだ。

 

もしもあなたが自分にとって

どうでもいい人たちと一緒に

時間を過ごしているのなら。

 

あなたもどうでもいいような

人間になってしまう。

 

僕たちは常に

周りから影響を受けている。

 

もし夢を叶えたい

目標を達成したい

と、思うのであれば。

 

既にそれを叶えている人

と一緒に過ごしたり

あなたと一緒に目標に向かっている人

と一緒に過ごすべきだ。

 

ビジネスで大成功を納めた

とある実業家はこう言った。

 

人生を変えたいなら

この3つを変えろ。

 

①人付き合い

②住む場所

③時間配分

 

これで人生が変わってしまう。

 

あなたもきっと

「確かになぁ〜」

と、首を縦にふるだろう。

 

自分とのアポイントを取れ

では今。

 

時間配分を変えると人生が変わる

っていう話が出てきた。

 

時間について

ちょっと話したい。

 

時間を大切にするというのは

『一人になる時間を取る』

これをあなたに強く言いたい。

 

自分自身の内面を見つめ直したり

物事を考えたりするのもいいだろう。

 

コーヒーでも飲みながら

リラックスした気分で

好きな分野の本を読んだり。

 

自分のスケジュールの中に

自分とのアポイントを取って欲しい。

 

「でもね、俺にはそんな時間ねぇんだよ」

「私はパートに家事で忙しいのよ!」

 

もしかしたら今あなたは

そう思っているかもしれない。

 

しかし。

 

自分自身を大切にできない人は

最終的に他の人のことも到底

大切にできないものだ。

 

自分を大切にして、力を蓄えて

知識をアップデートして

行動できるような健全な状態にないと

人の役には立てない。

 

いや、ここは…

 

『人の役に立たない』

と言った方がいいだろいう。

 

例えば、あなたは仕事で

自分を大切にしようと考えた時。

 

他人からいじめや嫌味、文句

怒られたりした時にどうしているか。

 

必死で耐えていないだろうか。

 

他人からひどく扱われた時に

我慢していないだろうか。

 

それに甘んじていないだろうか。

 

もしも他人からの不当な扱いに対して

抵抗しなかったり、否定していないのなら

自分のことを大切に思えていない証拠だ。

 

もしもあなたが

自分のことを大切に思っていたら

自分自身をそういう風に扱わない。

 

それに他人からひどく扱われること

を決して許さないはずだ。

 

例えば。

 

あなたの家の窓ガラスを割って

強盗が入ってきた。

 

あなたの家には

大切な焼き物が置いてある。

 

それは有名な先生が作った

年代物で高価な代物だ。

 

もし強盗がそれを壊そうとしたら

あなたはどうするだろうか。

 

「ちょっと待って

それだけは大切なものだから!!」

 

こんな風に言うのではないか?

 

(いやいや、強盗でしょ怖くて言えない)

 

もしかしたら

そう思っている人もいるかもしれない。

 

強盗じゃなくても

それが友達だったらどうか。

 

例えば、あなたの大切な車を

友達が汚い靴で蹴っていたら

 

「うちの車を蹴らないでよ!」

 

くらいは、言うでしょ。

 

物についてこれくらいのことを

あなたが言うのであれば

なぜ自分がひどい扱いを受けた時にも

そう言わないのだろうか。

 

何でいつも他人からの不当な扱いを

納得しようとするのだろうか。

 

仕事でもそうだろう。

 

お客のクレーム。

 

自分はしっかり仕事をしたのに

屁理屈を言って怒り出すお客が

どの業界にもたまにいる。

 

タチが悪いのは一緒に働いている

同僚や上司があなたに毎日のように

嫌味や文句を言ってくるパターンだ。

 

もしもあなたが、このような

マイナスエネルギーに毎日接していれば

自分の気持ち、生活が落ち込んでいく

のは当たり前の話だ。

 

ひどい扱いをされている時に

「俺は生まれてこれて良かった!!」

とは、さすがに思えないでしょ。

 

例えば、あなたがお客様に

不当な扱いをされた時。

 

「お客様、ちょっと待って下さい。

 

先にお伝えするのを

忘れてしまったんですけど。

 

見積もりで出した金額は

怒らない金額でございまして

もしもお客様が怒りたいのなら

通常料金の3倍になっています。

 

その3倍の料金を払って頂けるのでしたら

好きなだけ怒ってもらって構いませんよ。

 

それを言っておかないと

後で請求書を見た時に

驚くことでしょうから

今ちょっと申し上げました。」

 

こう言うと

みんなそこで笑ってしまう。

 

でも、本当にそう思う。

 

もちろん、実際の仕事の現場で

それを言うのか言わないかは

あなたに任せる。

 

だけど、自分の人生の質を

良くしたいのであったら

あなたは主張をしなくてはいけない。

 

あなたの人生は自由だ。

 

初めから、あたかもそんな選択肢がなかった

かのように毎日の生活を送っているかもしれない。

 

だけど、実はそうじゃない。

 

お金がないから自由じゃない。

 

違う。

 

例え今の収入が低くても

自分でやる仕事は選べる。

 

それに24時間ずっと働いている

訳じゃないだろう。

 

残業して12時間労働だとして

それ以外の時間は自分のものだ。

 

好きな分野の勉強してもいいし

将来本業にしたい仕事をしてもいいし

家族や彼氏彼女と過ごしてもいいし。

 

決して、自分にとって

どうでもいいような人と過ごしたり

ただ闇雲に時間を浪費するのは

絶対にやめてほしい。

 

それは後々、後悔をする。

 

それに時間の使い方は

あなた自身で自由に選べるのだから。

 

断る恐怖がどうしても邪魔をする

職場の人間関係でどうしても断れない

そんな風に悩んでいる人もいるだろう。

 

僕もそうだった。

 

しかし、今では

自分を最優先にしている。

 

例えば、あなたはここ数日

何も食べていないとしよう。

 

あなたはマジで本気で

お腹が空いている状態だ。

 

そこにある男がやって来て…

 

「おにぎりあるよ、いる?」

「その代わり俺の言うこと何でも聞けよ?」

 

そう言われたとしよう。

 

あなたはお腹が空いているし

次にいつ食べれるか分からないから

あなたはおにぎりの奴隷

になるかも知れない。

 

だからあなたはこう言う。

 

「わかりました。言う通りにします。」

 

そして次の日、またその男が

あなたの所にやって来てこう言う。

 

「まだ、おにぎりあるよ。」

 

「また食べさせてあげてもいいけど

俺の言う通りにしろよ。」

 

そうしたら、また

あなたは承諾するかも知れない。

 

だけどその時

あなたが満腹だったらどうだろうか?

 

変な男がやって来て…

 

「おにぎりあげるから、俺の言いなりになれ」

 

あなたは何と

その野郎に答えるだろうか。

 

もう笑っちゃうでしょ。

 

「そんなおにぎりぐらいで、

お前の言う通りになんかできないよ。

そりゃおかしな話だよ本当に!」

 

こうなる訳だ。

 

なぜなら、あなたは自分が

自由であることに気づいているからだ。

 

じゃあ。

 

この話がもしも

おにぎりではなくて仕事の話

だったらどうだろうか。

 

あなたが就職する時に

会社はこう言う。

 

「ここに金がある。

私の言う通りにすれば金をあげる」

 

あなたが乞食だったら

その言葉を受け入れるかも知れない。

 

人生における乞食だったら。

 

しかし、あなたに豊かな精神があって

自分は自由な人間だということを

既に知っていたらどうだろうか。

 

「そんなお金をもらうくらいじゃ

人に命令されて動くような

人生を送っていません。

 

ちょっとあなたは勘違いしてませんか?

 

私があなたの会社に就職したいのは

あなたたちの仕事に興味があるからです。」

 

と。

 

「私は自分の実力、才能、力

それを世の中に送り出す方法として

あなたの会社はふさわしいのではないか

と思ってここに来ております。

 

お互いのミッションの重なったところで

協力をしたいと考えております。

 

そういう風にしてくださるなら

私はここに就職いたします。

 

決して給料が必要で

ここにいるんじゃないです。

 

ですが、当然お給料はもらいます。

 

それは社会のルールですから。

 

でも私はそれに

振り回されるつもりはありません。」

 

お客さんに対しては

どうだろうか。

 

「金をあげる、

その代わり言う通りにしろ」

 

これが俗に言う

お客様は神様ってやつだろう。

 

だけど、本当にお客さんは

神なのだろうか。

 

自分の義務感や

やらなければいけない、だとか。

 

仕方がないからやっている。

 

そんな姿勢で仕事をしていたら

仕事の質はどうなるか。

 

当然、質は下がる。

 

本来なら良い仕事ができたはずなのに

良い仕事じゃなくなってしまう。

 

そしてあなたは

自分の仕事が嫌になる。

 

その延長線上で

こういう風に考えるようになる。

 

「しないで済むんならやらない」

「そこまでしなくていいでしょ」

 

100%から90%、80%…

 

何とか低い質で

仕事を済まそうとする。

 

会社全体の仕事の質が下がり

最終的に会社自体がダメになってしまう。

 

自己満足=顧客満足

ここで面白い話をあなたにしたい。

 

こんな統計がある。

 

アメリカで一番強盗にあうのは

ファーストフード店らしい。

 

しかもその強盗の

半数以上は元従業員。

 

では、なぜ元従業員が

自分の働いていた会社に

強盗に入るのか。

 

「この仕事は嫌だなぁ〜。」

「でも金のためにやるしかないか。」

 

そして、その先は強盗犯だ

そこまで精神がおかしくなってしまう。

 

だって泥棒にまでなっちゃうんだから。

 

昔から

『嘘つきは泥棒の始まり』

なんて言うけれど。

 

しかしここでは

『強制されるのは泥棒の始まり』

こうあなたに言いたい。

 

自分は自由人である

ということを忘れて

泥棒になってしまう。

 

今の仕事が嫌なら

別の働き方がある。

 

それを選ぶ権利はあなたにある。

 

違うだろうか?

 

もしも今あなたが自分のことを

自由ではないと思っていたら

もう一度再確認してほしい。

 

自分を大切にしてあげることが

最終的に自分の人生を

良くしていくことに繋がる。

 

そして、自分は自由な人間なんだと。

 

あなたは自由だ。

 

巨人に進撃されることはないし

別に壁の向こうから超大型の巨人が

攻めて来たりしないのだ。

 

奇行種が変な走り方で

あなたの元にやって来ることはないのだ。

 

そうだろ?笑

 

ぜひ、今日から自由な発想を

そして自由な人生を送って欲しい。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

『ブックマーク』を

忘れずにして下さいね♪

 

人生相談所 所長

筧樹

 

ぜひ、このブログを

『SNS』でシェアして下さい♪