コンテンツ

ビジネス商品や自分自身の『価値を高める方法』とは!?【ネットビジネス・コピーライティング】

今回は非常に面白い内容だ。

 

キーワードは『価値を高める』だ。

 

当たり前のことだが

人によって感じる価値は違う。

 

もしあなたのブログやメルマガ

情報商材の『価値』が高いと

お客さんに感じてもらえれば

 

あなたの商品を買おうと

思ってもらえる。

 

そして次の商品も買ってくれる。

 

あなたのブログやメルマガを

たくさん読んでくれる。

 

つまり最高のスパイラルが生まれる。

 

だけどもし万が一

相手に『価値』がないと

判断されてしまったら

 

『価値』がないと

感じられてしまったら。

 

基本的に『価値』は

相手が判断するものだ。

 

相手が『価値』がないと感じてしまったら

あなたはきっと悪口を叩かれることになる。

 

悪口に返金、2チャンネル、

最悪のスパイラルが生まれる。

 

とにかく『価値』を高く

感じてもらう必要がある。

 

いいだろうか?

 

とにかく『価値』を高く

感じてもらう必要がある。

 

これは本当に重要だから

2回も言ってしまった。

 

価値を極限まで高める方法を知る

まず感じるのは相手だ。

 

そして相手の感情だ。

 

例えば街で高級車のポルシェが

エンジンを吹かしながら

「ブーーーン!!」

って、走ってたとしても。

 

ある人はこう感じる。

 

「わぁ!!カッコいいな!」

「俺もあんな車に乗りたいな〜!」

 

ポルシェを見てそう感じる人もいる。

 

でも、ある人によっては…

 

「ダセェな〜成金だよあんなの!」

「あんなのに乗ってる奴の気が知れねぇ!」

 

って、中には感じる人もいる。

 

人はそれぞれ持っている

価値観や現実は違う。

 

例えば、ハエが「ブ〜ン」

って飛んでいたら。

 

普通の人間だったら…

(うわっ、ハエかよ…。)

(ハエ叩きどっかにないかぁ。)

 

と、嫌な気持ちになると思う。

 

しかし、カエルが

ハエを見たらどうか。

 

きっと…

 

「美味しそうだな!」

「メシが飛んできたぜ!!」

 

きっと、カエルはそう思うだろう。

 

それくらい人それぞれの現実や

考えていることは違うものだ。

 

「いやいや、ハエと人は違うでしょ。」

 

と、もしかしたら今あなたは

思ったかも知れないけれども

本当にそれくらいあなたと他人は違う。

 

まず先に感じ方や価値観、現実は

人それぞれで違う事を知ってもらいたい。

 

そして、僕たちは不特定多数の人たちに

自分の商品だったり、ブログ、メルマガ

SNSの投稿、アフィリエイト商品など

価値が高いと感じてもらう必要がある。

 

だからまず

価値を極限まで高める方法

を知っておく必要がある。

 

価値の感じ方は皆それぞれ違う

『価値観』

 

最初にあなたにしっかり

理解して欲しいことがある。

 

それは、何かの裏ワザや特別なネタ

有名人と一緒に組んでビジネスをする

それを情報ビジネスだと思って欲しくない。

 

どうしてもそういう風な

刷り込みや思い込みがある。

 

今までネットビジネスを

勉強してきた期間が長ければ長いほど

そういった刷り込みが強い人が多い。

 

しかし、それが情報ビジネスではない

人はそれに価値を感じる訳じゃない。

 

もちろん僕も

裏ワザや特別なネタに

価値がないとは言わない。

 

あなたに何か特別なネタがあったり

すごい有名人と一緒に組んでいるというのは

人は価値が高いと感じる『傾向』にはある。

 

しかし、それそのものは

決して価値ではない。

 

人によって価値観はバラバラだ。

 

ここで考えて欲しい。

 

人間が価値を感じるのはどこか

あなたのどこの部分が

価値を感じるのか、判断するのか。

 

それは感情だ。

 

全ては感情だ。

 

つまり、価値を高めるとは

相手を良い感情にしてあげる

必要が出てくる。

 

お客さんをいい感情にしてあげる

必要が絶対的に出てくる。

 

特別なネタじゃなくて

何かしらのいい感情に

してあげる必要がある。

 

まず先に、ここが基本になる。

 

これからあなたに価値を高める方法

について話していくんだけれども

その前にあなた自身が価値とは何なのか。

 

少し考えてみてほしい。

 

価値の正体とは!?

「価値!?ん〜何となく分かるけど…」

「価値かぁ…ん〜何だろう。」

 

きっとこれが本音だと思う。

 

価値とは一体、何なのか。

 

まずはそれについて

あなたに話していく。

 

まぁ、こういう事を言うと多分…

 

「そんなのキレイ事だよ。」

 

「ネットで収益を全然

出してない人の気持ちが

お前には分からないんだよ。」

 

こんな風に思った人も

実際に少なくないと思う。

 

しかし。

 

僕自身、お金に価値はないと思っていた。

 

お金にフォーカスしない時こそ

お金が入ってくるものだ。

 

お金に価値はない。

 

これを早めに理解しておかないと

アフィリエイトでお金が稼げない。

 

ネットビジネスでお金が稼げない。

 

情報商材を作ったのに

結局、儲からなかった。

 

そうなってしまう。

 

お金に価値がない事が

頭で分かるんじゃなくて。

 

心でしっかり理解できるようになると

ネットビジネスで収益を上げることが

出来るようになっていく。

 

もちろん。

 

一発屋で終わることなく

長期的にパソコンから

お金を生み出すことが

出来るようになる。

 

お金に価値はない。

 

では、ここで興味深い話を

あなたにしたい。

 

猿。

 

動物園とかにもいるだろう。

 

そのサル。

 

モンキーだ。

 

これは海外の科学者が

猿にある実験をした興味深い話。

 

サルがお金を儲けようと必死

動物園の係員さんが猿にエサをあげる。

 

しかし、ある日をさかえに

係員は猿にエサをあげなくなった。

 

しかし、猿はお腹が空いてたまらない。

 

エサが欲しくてたまらない。

 

そこで科学者が猿に

エサの代わりにお金を渡した。

 

当然、猿に渡すお金はコピー用紙なんかに

『お金』とでも書いたんだろう。

 

そんな適当に書いた紙

紙幣という物を猿に与えた。

 

そして、猿がその紙幣を

持ってきたらエサをあげる。

 

そんな条件付けを猿にした。

 

今までは猿が係員の所に行って

エサをもらいに行っていた。

 

しかし状況は変わって

紙幣を持って来たらエサがもらえる。

 

「この紙切れを持って行ったら、

エサがもらえるんだ。」

 

猿はエサと紙切れが交換できる事を

早い段階で理解した。

 

当然、猿はその紙切れを

係員の所に持って行って

エサをもらいに来るようになった。

 

ここからが、非常に面白い。

 

この実験を2日、3日…

実験が進んでくると。

 

ついに猿がエスカレートしてきた

一体、どうなったのか??

 

面白いことに猿同士で

お金を奪い合うようになった。

 

今までは、ただの紙切れ。

 

猿に渡した時

どうだったのか?

 

もちろん。

 

「ビリビリ。」

と、その紙切れを破って。

 

「ぐしゃぐしゃ。」

と、紙切れを丸めて。

 

「ポイっ!」

終いには、紙切れを捨ててしまう。

 

しかし、その紙切れが

エサに交換できると気づいた瞬間に

猿同士で喧嘩をし始めた。

 

紙幣を猿同士で奪い始めた。

 

ここで、ある一匹の猿が

興味深いことをした。

 

係員が檻を「カチャっ」って開けた瞬間

その猿は脱走していつもお金を配る

研究者に飛びかかって紙幣を奪って

自分のアジトに帰って行った。

 

本当に1週間とかの短い期間で

急にただの紙切れに価値がある

と思い始めた。

 

終いには人を襲って

仲間を襲ってまでして

それを確保するようになった。

 

この研究はさらに続いた。

 

中にはメス猿がいるだろう

興味深いことに…

 

オスの猿がメスの猿にお金を払って

交尾をするようになってしまった。

 

つまりだ。

 

猿がお金を払って

ヤルようになった。

 

メス猿もバカじゃない。

 

その中でも人気があるメス猿がいた。

 

その人気のメス猿には

たくさんのお金を積まないと

交尾をさせない状態になった。

 

これは、かなり興味深いでしょ。

 

僕たち人間もちょっと

同じ事をしていると思わない?

 

お金自体は紙切れだ。

 

その先にあるパンが欲しい

お肉が欲しい、楽しい思いをしたい。

 

本来は。

 

お金の先にある何かが欲しいのに

僕たちはお金自身に価値がある

と思ってしまっている。

 

猿と同じことを人間もしている

あなたもそう思わないだろうか?

 

大金を払ってキャバクラ通い

夜には風俗に行ったり。

 

同じことだ。

 

原始時代はもちろん

紙切れなんて無かった。

 

ジョンローって人が

その紙切れの制度を作ったせいで

あなたも僕も紙切れに

興味が出てきてしまった。

 

しかしお金は、ただの紙だ。

 

政府が約束しているだけの

ただのペラペラの紙切れ。

 

それならよっぽど

金や銀の方が工業価値がある。

 

その方が価値が高い。

 

お金は政府が約束しているだけの

ただの紙切れだ。

 

もしも政府が倒れたら

価値がなくなってしまう。

 

ある国ではインフレーションがあって

昨日までコイン一個でパンが買えていたのに

急にインフレでお金の価値が下がってしまって

 

食パン一つ買うのに

大きなスーツケースぎゅうぎゅうに

紙幣を詰め込んでお店に行かないと

パンも買えなくなってしまった。

 

そんなインフレが起こったら

一発でアウトだ。

 

お金はただ政府が約束しているだけの

紙切れだ。

 

そこに本当の価値はない。

 

僕たちはその先にある

何かを求めているはずだ。

 

女性なのかも知れないし

楽しさなのかも知れない。

 

満腹感かも知れないし

自己顕示欲を満たす事かも知れない。

 

お金の先にある何かの感情を

僕たち人間は求めている。

 

それは僕やあなたに

限った話じゃない。

 

あなたのお客さんも同じだ。

 

だから、お金の先にある

感情を実は求めている。

 

それが価値だ。

 

これを今回あなたには

しっかり理解してほしい。

 

真の価値はお金ではない。

 

真の価値は感情の変化だ。

 

『商品=壁』商品は邪魔だ

『商品とは壁』

 

多くの人に

「商品とは何ですか?」

と、聞くと。

 

「商品は儲けるための物です」

「商品は資産であり財産だ」

 

こんな言い方をする人が多い。

 

しかし、商品は壁だ。

 

あなたのお客さんにとって

あなたの商品は壁だ。

 

邪魔でしかない。

 

ここを勘違いしてしまうと

自己中の下らない

情報商材を作ってしまう。

 

つまらないブログやメルマガを

書いてしまったりする。

 

お客さんや読者さんは

あなたの情報商材が決して

欲しいんじゃない。

 

あなたのブログやメルマガを

読みたいんじゃない。

 

あなたの情報商材を買って

得られる結果や感情が欲しい。

 

『商品=壁』

 

顧客→『商品』→得られる結果

 

こんな感じだろう。

 

商品が邪魔をしている。

 

凄まじいディフェンスで

商品が欲しい感情を邪魔している。

 

あなたの商品なんか

本当はいらない。

 

誰しもみんな本当は

自分の欲しい結果だけが

欲しいと思っている。

 

いいだろうか?

 

あなたが作っている情報商材やブログ

メルマガはお客さんの邪魔をしている。

 

ここであなたに理解して欲しいのは

商品の先にある感情お金の先にある

感情を人は求めている。

 

この理解が非常に大切だ。

 

相手に100倍の価値を与える

『100倍の価値を与える』

 

100倍の『価値』を与えるだ。

 

もしもあなたが販売している

情報商材が1万円だったら

100万円分の価値を相手に与える。

 

別に100万円を儲けさせる

訳ではない。

 

価値はお金では計算が出来ない。

 

しかし、お客さんからもらった金額の

100倍の価値を僕たちは与える必要がある。

 

僕自身が感じる価値は色々ある。

 

例えば、美容。

 

後は…

 

効率的ということにも

僕は価値を感じる。

 

僕はめんどくさい事を

ごちゃごちゃやりたくない。

 

効率よく物事が進む事に

僕は非常に価値を感じる。

 

後は、また体の事になるけれど

サプリメントだ。

 

ビタミンや酵素

エンザイムだったり。

 

例えば今、僕の所に誰かがやって来て

「1億円あげるから仕事を依頼したい」

と、言われても僕の答えは…

 

「No」だ。

 

しかし美肌になる事に超詳しい人が

僕の所にやって来て…

 

「究極の美容液を作りました。

これをあなたにあげるので

あなたに仕事を依頼したい。」

 

もしもそう言われたら、

僕は多分やるだろう。

 

本当に価値は

お金で計算が出来ない。

 

それに、人によって

感じる価値はそれぞれ違う。

 

きっとあなたにも

感じる価値があるはずだ。

 

ここで実際に

あなたにも考えてほしい。

 

なぜ、あなたは僕のブログを

わざわざ時間を使って読んでるのか。

 

ネットビジネスだったり

コピーライティングを教えてる教材は

たくさんあるだろう。

 

インターネットのサイトだって

溢れんばかりの勢いでたくさんある。

 

他にも副業で稼ぐ方法だって

本屋に行けばいっぱいあるはずだ。

 

それなのに何で今

あなたは僕のブログを

読んでいるのか。

 

何か価値を感じたから

ここまで読んでくれているはずだ。

 

それをぜひ実際に

紙にでも書き出してみて欲しい。

 

「めんどくさいなぁ…。」

と思って書かない人がほとんど

だとは思うんだけれども。

 

ここで律儀に書いた人が

後で結果が出る。

 

なのでぜひ

やるようにしてほしい。

 

今回の情報ビジネスの極意は

相手に100倍の価値を与える事だ。

 

相手に価値を感じてもらう事だ。

 

『商品=壁』だ。

 

これをしっかり今回

頭に叩き込んでほしい。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

『ブックマーク』を

忘れずにして下さいね♪

 

人生相談所 所長

筧樹

 

ぜひ、このブログを

『SNS』でシェアして下さい♪