コンテンツ

愚痴をビジネスチャンスに変えるたった1つ究極の方法とは!?【ネットビジネス・コピーライティング】

今回は

他人を味方につける方法

を話していく。

 

「筧さん、他人を味方につける方法

なんてビジネスに関係ないじゃないですか〜」

 

と、もしかしたら今

あなたは思ったかも知れない。

 

しかし。

 

これこそが稼ぐ方法だ。

 

今回あなたに話す内容こそが

情報商材でお金を稼ぐ方法でもある。

 

アフィリエイトで

毎月安定した収益を出す方法だ。

 

世の中には

悪い情報でごった返している。

 

なので、あなたがネットビジネスで

収益を出したいと考えているなら

悪い情報を遮断しないといけない。

 

なぜなら、どうしても僕たちは

悪い情報に影響されてしまうからだ。

 

聞かないように意識していても

自分のモチベーションを下げる

原因になってしまうからだ。

 

ネガティブな方向へ

気持ちが傾いてしまう。

 

だから、僕たちは悪い情報を

シャットアウトしなければいけない。

 

しかし…

 

「それは分かるんだけど奥さんが

ネガティブで愚痴ばっかり言うので

情報を遮断したくても

遮断のしようがないんですけど…」

 

「彼女がネットビジネスなんてやめて

会社でちゃんと働けって隣でいつも

ネチネチ言ってくるんですが

どうしたらいいでしょうか?」

 

結構、こんな具合に

頭を抱えている人も

きっと少なくないだろう。

 

もしも今あなたが

こんな風に悩んでいたり

家族にネットビジネスを

反対されていたりだとか。

 

友達が愚痴っぽい

同僚が愚痴っぽい。

 

そんな悩みを抱えている人は

今回の内容を特に聞いてほしい。

 

これを逆手にとって

ビジネスを加速させる方法

を話していく。

 

この悩みが今後

あなたのチャンスに変わる。

 

つまり。

 

あなたのストレスがチャンスになる。

 

お金に変わる。

 

愚痴=ビジネス

いいだろうか?

 

他人の愚痴はビジネスになる。

 

なぜなら…

 

誰かの悩みはお金になる。

 

例えば、あなたの奥さんが

ものすごく愚痴っぽいとする。

 

もしもあなたが女性なら

旦那さんでもいいんだけれども。

 

愚痴を言う、ということは

何かしらフラストレーションが

溜まっている証拠だ。

 

以前、僕は恐怖や痛み

緊急性があるものは

ビジネスになるという話をした。

 

つまり。

 

何かのフラストレーションがある

何かしらの痛みや緊急性があるから

愚痴を言わずにはいられない。

 

もしかしたら愚痴の原因は

あなたかも知れない。

 

もしかしたら

近所の奥さんが原因なのかも知れない。

 

何が原因なのかは

今の僕には分からない。

 

だけれども、もしもそれをあなたが

解決したら情報商材ができる。

 

ノウハウが一つできるだろう。

 

例えば、あなたの奥さんが

近所付き合いで悩んでいたとする。

 

「近所の○○さんがいつも意地悪で、

本当に毎日困ってるのよ〜…」

 

と、話が始まり。

 

あなたに四六時中

愚痴をマシンガントークで

浴びせ続けている。

 

じゃあ、それを

あなたは解決すればいい。

 

そうすれば

情報商材が一つ出来上がる。

 

ノウハウが一つ出来上がる。

 

ここで重要なのは

近所付き合いで悩んでいるのは

あなたの奥さんだけではない。

 

全国にいる女性が

近所付き合いで悩んでいる。

 

近所付き合いをうまくやって

楽しく生活する方法、みたいな。

 

別に名前は

なんでも良いのだけれども。

 

一つノウハウが完成する。

 

この愚痴をビジネスにする事の良い点は

あなた自身が得をして

あなた自身の情熱があって。

 

あなた自身のモチベーションが

下がらない点だ。

 

なぜなら

あなたがそれを解決すれば

奥さんの愚痴がなくなる。

 

そうすれば

きっとあなたは嬉しいはずだ。

 

それにあなたはいち早く

解決したいと思うはずだから

情熱も出てくるはずだ。

 

つまり情報ビジネスの速度

情報商材を作る速度が

誰よりも圧倒的に早くなる。

 

もちろん、悪い情報は

遮断できることに越したことはない。

 

しかし、遮断ができなくても

 

「あ〜遮断できない…。」

 

「もう、俺はネットビジネスで

お金を稼ぐのは無理だ。」

 

このように混乱状態に

なるのではなくて

 

「この愚痴はもしかしたら

ビジネスになるのではないだろうか?」

 

「これは逆にチャンスなのでは?」

 

と、考え方をシフトチェンジする

同時進行でノウハウを作ればいい。

 

そう、考えるようにしてほしい。

 

近所付き合いで悩んでいる。

 

ならば。

 

アマゾンで本を探してみる

図書館に走ってもいい。

 

そこで、人間関係の本や

近所付き合いの書籍を読んでみる。

 

必ず、何かしらの解決策が見つかる。

 

しかし。

 

ただ愚痴をネガティブな毒

だと捉えてしまっては

あなたのモチベーションが

下がってお終いだ。

 

だけれども愚痴を

ビジネスチャンスだと思えば

それがお金になる。

 

これは僕の話だが、友人や仕事で

よく愚痴を聞く立場だった。

 

特に飲み会の席だとそれが顕著だ。

 

その頃から、なんとなく

ビジネスになるんじゃないのかな

と感じていた。

 

今でもよく人から相談される立場なので

いろんなビジネスチャンスに

気づかせてもらえる。

 

ここで僕があなたに言いたいことは

「あ〜また愚痴が始まった…。」

と、思って聞いていては勿体無い。

 

なので、どうしても

愚痴を遮断できない場合は

ビジネスに変える、お金に変える。

 

そんな意識を持っていると

今までの世界が全く違って見えるはずだ。

 

誰かの愚痴はお金に変わる。

 

愚痴を集めて味方を作る方法とは!?

愚痴を集めて、味方を作る方法。

 

つまり、あなたがこれから作る

情報商材のネタやブログのネタ

メルマガのネタを見つけることができる。

 

その上、あなたの味方が増える。

 

そんな究極の方法を話していく。

 

もしかしたら、あなたの家族が

情報ビジネスに反対しているかも知れない。

 

奥さんや彼女が

ネットビジネスに反対している。

 

会社では上司や部下が

愚痴ばっかり言ってくる。

 

こんな状態を

あなたはビジネスに変えて

しかもそんな彼らをあなたの

味方につける方法を話す。

 

これはコピーライティングにも

大事な要素になってくる。

 

そのコピーライティングの中でも

最も重要なテーマになる部分でもある。

 

なので、ただ単に。

 

「愚痴を集めるのか〜」

「味方を付けるね〜」

 

そんな低い次元のレベルで

今回の話を聞いて欲しくない。

 

僕がこれからこのブログで

コピーライティングの話をする時に

あなたが完璧に理解するために

この内容はしっかり聞いてほしい。

 

『理解』が全て、である!!

理解する、理解される

その理解だ。

 

これこそが究極の答え

でもあるんだが。

 

愚痴を言う人を理解してあげる

お客さんを理解してあげる。

 

これが全てだ。

 

理解こそがビジネスの全てだ。

 

ここで断言しよう。

 

人は理解されたくて生きている。

 

理解されたいがために

朝眠たい目をこすって重い体を起こして

会社に行って仕事をして嫌な仕事もして

満員電車に乗って家に帰って寝る。

 

全部、理解されたくてやっている。

 

人は理解されたくて生きている。

 

お互いに理解ができないから

そこに戦争や喧嘩や摩擦が

どうしても生まれてしまう。

 

例えば、旦那さんが

キャバクラに行くのは仕事だと。

 

その時、奥さんは

それは浮気よ、と。

 

お互いを理解しないから

そこで反発が生まれる。

 

夫婦ゲンカが始まってしまう。

 

戦争だって同じだろう

イラクとアメリカが戦争した。

 

イラクにはイラクの現実があって

アメリカにはアメリカの現実がある。

 

お互いの現実を

理解しようとしないから

そこに摩擦が生まれて

戦争に発展してしまう。

 

全ては理解だ。

 

全ての原因はお互いがお互いを

理解しようとしていないことだ。

 

相互に理解できていないことにある。

 

では、ここでもっとあなたに

理解が大事だとしっかり

理解してもらうために

興味深い話を一つする。

 

とある宗教の自殺と理解について

宗教。

 

日本に住んでいると

少しイメージしづらいかも知れない。

 

しかし、アメリカなどには

小さい宗教の団体が多く存在する。

 

ちっちゃい宗派みたいなのが沢山ある

10人〜20人の団体が本当に沢山ある。

 

よくその宗教が集団自殺をする。

 

教祖様を中心として

みんなで川で身投げをしてみたり

全員で頭に銃口を突きつけて

自殺をしたり。

 

そんな集団自殺が結構ある。

 

今回の話は、アメリカの

インタビューの話。

 

とある宗教の教祖様が

毒ガスでみんなで死のう。

 

そんな計画を立てて

20人くらいの教団が

毒ガス集団自殺を行った。

 

そして、ほとんどの人が

毒ガスで死んでしまった。

 

しかし。

 

たった一人だけ生き残った。

 

まぁ、結構いい歳の女性

だったんだけれども。

 

たまたまガスが体内に

入らなかったのかで生き残った。

 

その女性自身は

本当に死のうと思っていた。

 

しかし、その女性は

生き残ってしまった。

 

そこで雑誌や週刊誌の記者なんかが

インタビューをするために

その生き残った女性に群がった。

 

「なんで死のうと思ったんですか?」

「宗教のどこが良かったんですか?」

「なんでそんなこと考えたんですか?」

「家族のことは考えなかったんですか?」

 

そんな具合で質問攻めにされる中で

彼女が言った興味深い言葉がある。

 

それは。

 

「なんであなたは

死のうと思ったんですか?」

 

と、インタビューされた時に。

 

彼女は言った。

 

「私を理解してくれるのは、

教祖様しかいなかったのよ。」

 

彼女はそう言った。

 

家族も子供もみんな私のことを

全然、理解してくれなかった。

 

誰一人として私のことを

考えてくれなかった。

 

気にかけてくれなかった。

 

だけど、教祖様だけは

私のことを理解してくれた。

 

彼が言ったから

私は死のうと思った。

 

…彼女はそんな風に答えた。

 

つまり。

 

理解とはそれくらい強烈だ。

 

理解してくれたら

死をも選択肢に入ってしまう。

 

まぁ、死ぬとかは非常に

悪い方向性なんだけれども。

 

これを僕たちは良い方向で使う。

 

コピーライティングで

相手を理解してあげる。

 

そして。

 

詐欺じみた商材ではなくて

本当に相手の行動にちゃんと

フォーカスした商品を

お客さんに提供してあげる。

 

そのために

僕もあなたも理解を使う。

 

これからあなたは

コピーライティングを書いていく。

 

今回話した『理解』は

非常に重要なテーマだ。

 

僕自身。

 

コピーライティングとは理解だよ

ビジネスとは理解だよ

人間関係とは理解だよ。

 

そう教わったのが

初めて株式会社を設立した時

くらいの時期だった。

 

だけど、正直に言おう。

 

その時はあまり『理解』について

僕はあまり理解していなかった。

 

しかし、それから

いろんなことを経験していく中で

『理解』が全てなんだな。

 

そう思った瞬間があった。

 

コピーライティングで

物を買ってもらう。

 

つまり相手に行動してもらう。

 

コピーライティングで

相手を動かすということだ。

 

そのためには相手が

理解されたと感じなければいけない。

 

あなたが理解しているだけではダメだ。

 

相手が理解されたと感じるように

あなたは表現しなければいけない。

 

これについては今後

コピーライティングについて詳しく

このブログで話していく。

 

なので安心してほしい。

 

まず先に今は

『理解』が大切だということを

あなたに分かってほしい。

 

コピーライティングもビジネスも

そして相手の愚痴を聞いてあげる方法も

それをビジネスに繋げる方法も

全て理解から始まっていく。

 

しっかり理解の大切さを

ここで理解してほしい。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

『ブックマーク』を

忘れずにして下さいね♪

 

人生相談所 所長

筧樹

 

ぜひ、このブログを

『SNS』でシェアして下さい♪